アストロフォイルとは


●宇宙開発から生まれた遮熱対策

米国ではNASAを中心とした宇宙開発で、宇宙服やロケットが受ける放射線の遮断研究に取り組んできました。その研究において「アルミと空気層」を使った遮熱理論が確立され、宇宙服、ロケットはもとより、現在では航空機にもアルミ遮熱材が採用されています。この論理に基づき住宅向けのアルミ遮熱商品が開発されました。


アルミ遮熱材の驚きの効果!

住宅の侵入熱量を36〜47%カット
太陽から熱を得た夏場の屋根はその電磁波で振動・発熱し55〜70℃位に上昇します。この
高温の屋根がさらに家の中の壁、天井などに輻射熱を放射し表面温度を上げていきます。
夏の夜、外気温が日中より下がったにも拘らず暑く寝苦しいのは、壁・天井などが蓄熱し
、輻射熱を室内に向け放射しているからです。アルミ遮熱材「アストロフォイル」はアル
ミ純度99%、反射率97%で侵入熱量の36〜47%をカット。これは8畳用エアコン(2.5kW)
1台分に相当します。

カネライトフォームとは


独立気泡の小さな泡の中に気体を閉じ込めました。これにより、熱伝導の三要素として知られる熱の「対流・輻 射・伝導」の数値を小さく固定しています。独立気泡が熱をさえぎり、結露を抑制します。


独立した気泡構造により、断熱の大敵である水が入りにくく、断熱性能の劣化を防いでいます。


フロン及びPRTR法対象物質の発泡剤としての使用を撤廃し、ホルムアルデヒドも含まれて
おりません。また、マテリアルリサイクルも可能で、グリーン購入法にも適合しています


押出法ポリスチレンフォーム保温板である当社製品「カネライトフォーム」「カネライト畳フォーム」は
I) 原料中にクロルピリホスを一切使用しておりません。
II) ホルムアルデヒド発散建築材料ではありません。
(ホルムアルデヒド発散建築材料を定める国土交通省告示第1113号〜1115号に押出法ポリ
スチレンフォーム保温板は該当しません。)


マグルージュとは


次世代省エネ基準対応

●従来の高性能グラスウールよりさらに細い3〜4ミクロンの繊維を採用したことにより、
断熱性能がアップしました。
●たわみが少なく、自立性がありますので、施工精度が高くなりました。
●耐水性能に優れた繊維ですので、雨濡れにも安心してお使いいただけます。
●繊維飛散量が大幅に減少、施工時の不快感が軽減されました。


※ここで紹介しているのはあくまで1例です。当社では常に最先端の
環境素材を追求し、採用しております。また、お客様の使用したい材
料に関しても、あらためて調査し適合を確認致しますのでお気軽にご
相談ください。